空間に浮遊するウィルス対策に

OXIDER

 
空気清浄機だけでは取りきれない、ウィルス・菌・カビ・ニオイなどを
化学の力で、酸化(OXIDE)除去。
目的の場所に置くだけで長期間空間の衛生を守り、
空気の汚染リスクを低減します。

人が集まる場所の衛生を守る

 
リビングルーム
 
レストラン・カフェ
 
オフィス

空気中には危険がいっぱい

 

空気中のウイルスについて

人が集まったり出入りの多い場所では、咳やくしゃみをするとウイルスを放出し、空気中で気流にのり長時間浮遊する飛沫核となり吸い込んだ人(幼児)にリスクが発生します。
 

空気清浄機について

空気清浄機のフィルターのメンテナンスを怠るとカビが発生し、
その影響で空気がカビ臭くなることも。また、その空気を吸うと喉の痛みが発生したりする可能性もあります。
また部屋に対して空気清浄機の台数や性能によっては、部屋中のウイルスを完全に除去することはできません。
 

ニオイについて

屋内の臭いとして、トイレやゴミ箱からの臭い(おむつ等、排泄物の処理から発生する不快な臭い)、エアコンからのカビ臭など人が不快に感じるニオイがいっぱいあります。

そこで出会ったのが ”OXIDER” でした

 
初めは
OXIDERの成分が気になり、
「二酸化塩素って何?」「化学薬品?」
「身体に悪いんじゃないの?」
と思ったのですが、
水道水にも含まれている成分でもあり、
安全なモノだということがわかりました。
特にアルコール消毒で除去できない
ウイルスや菌などにも効果があるという点に
魅力を感じました。

おもな効果

 

手洗い、うがいだけでは、空間に浮遊するウイルスから大切な人を守ることはできません。

菌・ウイルス除去

うがい・手洗いでは防ぎきれない、空中に浮遊する菌やウイルスを除去します。

消臭

二酸化塩素の強力な酸化作用により、消臭効果を発揮します

カビ抑制

二酸化塩素ガスにより菌糸の成長を抑えることでカビ抑制に効果があります。

OXIDERがスゴイ
4つの理由

Point1. ウイルス・菌・などを除去

 
OXIDERは二酸化塩素放散ゲル剤で、主要成分の二酸化塩素には、酸化作用による除菌効果があります。
放散されるガスには、空気中に浮遊するウイルスを分子レベルで酸化除去する力があります。

Point2. カビの発生も抑制


空気中に浮遊しているカビの原因となる菌糸の成長を抑える働きが、OXIDERにはあります。
湿度の高い場所でも、空気清浄機とは違い電気を使用しないため、漏電の心配もなくカビの発生を防ぐことができます。

Point3. 空気中の嫌な臭いを除去


二酸化塩素分子には、悪臭の原因物質を酸化させることにより、消臭効果があるとして世界各国で使用されています。日本ではプールの消毒にも二酸化塩素が使われています。

Point4. 置くだけ簡単3カ月メンテナンスフリー

 
使い方は 「簡単 置くだけ」。20畳程度の空間で、約3ヶ月間効果が持続します。(※環境、設置場所の広さ等により多少異なります。)置くだけで、長期間空間の衛生を守ります。

よくある質問

A
最大20畳(天井高さ2.5m)で製剤設計されています。
空間の広さによってコルク栓で成分の放出量を調整してください。
A
失活メカニズム上、あらゆるウイルスに有効な二酸化塩素が空間内に広がるので空気の衛生度を向上させる効果が期待できます。ただ、成分の広がり方や、湿度で左右されるということはご理解ください。
A
超低濃度で滞留する二酸化塩素の効果としては、既に生育しているカビを除去するほどの力はありません。
あくまでも、浮遊するカビの胞子に対するものであるため、カビの抑制としております。
A
二酸化塩素は水溶性であり、水分を媒介として効果を発現する物質であるため、湿度が高いほど効果が高くなります。冬は乾燥するので加湿してください。
A
芽胞菌以外の、浮遊するあらゆるウイルス・菌・カビの胞子類に効果があります。
A
0.01ppm(0.028mg/㎥)です。
A
あります。吸入暴露については、全世界的に製紙工場や食品工場で大量に使用されているため、吸入毒性に対する詳細なデータが開示されています。液体については、水道水や食品への使用が認可されて経口摂取するものなので、さらに詳細なデータが開示されています。
A
従来製品は、国民生活センターからゲル化剤投入後数日間、成分臭が強くて不快と指摘を受けています。これを緩和したのがCLO2 Lab社の新技術です。
株式会社CLO2 Lab URL: https://www.oxider.jp/
A
人やペットがいる空間で空気を除菌できる成分、即ち、人やペットと共存できる成分は、他に見当たりません。
A
内容物を飲み込んだ時は、吐かせず、すぐに口をすすいだ後、水か牛乳を飲ませ、早急に医師に相談してください。
A
低濃度で水道水に残留させて飲んでも良いと認可されているものですから、そういったことは懸念されていないと考えます。逆に、抵抗力の弱い人ほど感染しやすいので、是非、ご利用頂きたいと思います。抵抗力の弱い年少者と高齢者ほどインフル感染率が高いことはご存知の通りです。
A
安全性や毒性試験はラットやマウス、ウサギなどの小動物で実施されております。
A
無いと、公的に判断されていると考えます。何億人以上の人々が毎日飲むと想定した上で、水道水への残留を認可しているということは、副作用についても詳細な検証が行われた結果であると考えるからです。
 

お電話またはフォームより、
お気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00~18:00 ※平日対応

0120-86-5147