代表あいさつ

GREETING
HOME > 企業情報 > 代表あいさつ

 
 
株式会社 TDKは、昭和 29年橋本 辰雄により神戸市で複写業光青工業株式会社として生まれました。
日本が、高度成長期に入ろうとしていた頃です。東京タワーがまだ出来ていない時です。
時代に必要とされ、この業界は大きく成長しました。
しかしながら、当時青写真と言われた複写方式から現代皆様ご存知のコピーに移行し、大手企業から徐々に中小企業へとコピー機が普及して来ました。
 
時代はゆっくりと移行していましたが、今や非常に早い変化をはじめました。
そんな頃、平成 1811月に創業者の意向により、私橋本玲子へ突然の社長交代となりました。私はというと、離婚し男の子をなんとか真っ当に育てることだけを人生の目標として生きている母でした。
 
それからは、わけのわからない経営という仕事、課題山積の会社立て直し、のみならず社内組織の構築、社員の経営陣に対する信頼回復、なによりも会社と社員の未来を輝かすことが仕事となりました。
 
そんな折、社長就任3年目、我が身に癌が見つかり病いとの戦いが始まりました。
丸一年働きながらの抗がん剤、放射線治療。焦り、不安、困惑という心との戦い。痛み、高熱、食欲不振などなど肉体との戦い。何故今?何故私?と悔しかったことを覚えています。
このことが私の大きな転換期となりました。
新しい「縁」と「学び」へのスタートとなりました。
世の中には、不必要なことはない。全てがベストなタイミングで起こることを知りました。
感謝です!
 
「学び」
人は無意識にほとんどのことを判断決断をする。会話や行動はその人の持って生まれた気質、育った環境で形成されることが多い。
故にそれぞれ違う行動をする。
「縁」
必要な時、その人のタイミングで起こる奇跡である。
人生は、生まれたら死に向かう
人生は、代わりはない。
今生は、一度きりである。
 
 
不安と不信、無力感、ひとりぼっち、どうせ無理。
そんな思いで奇跡の人生を送ってほしくない。
一度しかない自分の人生を豊かに楽しむことが出来たらどうでしょう。
心から信頼出来る仲間がいたらどうでしょう。
65年慣れ親しんだ光青工業という名前を、 2018年に TDKと変えました。
TDKは、スリードリームス・コーセイ。
何を売るということから、私たちはどんなビジョンに生きる会社かを明確にしました。
 
社員一人一人が、自分の人生を輝かし、信頼できる仲間と夢を叶える。
国を元気にし、子供たちに笑顔と安心の未来を繋ぐ。
そのために、全力で前へ進む!
決して諦めない!
そんな仲間と「学び」と「縁」を楽しみたいと望みます
 
株式会社TD・K
代表取締役社長
橋本玲子